チューニング方法っていくつかあるけど、おそらくハーモニックスを使ったチューニング方法では「3弦4フレットのハーモニックスと2弦5フレットのハーモニックスを合わせる」というのが一般的だと思うんだけど、これで音合う?

これも僕はやっぱり、結構長い間そういう風にチューニングしてたんだけど、(これまた)ある日、先輩から「このギター、チューニング合ってないんじゃない?」って言われて、「まさかそんな。イロハのイ(音叉でチューニングなんて出来るん?参照)でチューニングしてるんだからそんなはずはない。」と思いつつ、別の方法でチューニングの確認をしてみたら、「合ってない!!ピカッ!!←あッ。いかん。ここは「ピカッ!!」するとこじゃない。

という訳で、今では僕は2弦の音だけは、6弦7フレットのハーモニックスと2弦の開放音を合わせるチューニングをしてます。

でもどうやら、3弦4F⇔2弦5Fのハーモニックスで合わせるのがダメなのではなくて、弦が古くなってくるとその方法だと合わなくなってくるような気がします。(新品の弦で合った記憶があるんだよね)

で、僕はホットクと1年ぐらい弦を替えない人なので、それがいけないという事なのでしょう。(^^;







前のページ(ピカッ!!のコーナー)へ戻る